読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KY BLOG

昆虫と微生物の研究とアート

オス殺しを起こすマイオティックドライブ(Xドライブ)

ショウジョウバエなどでよく知られているXドライブは、変異があるX染色体をオスが持っていた場合、Y染色体を持つ精子の形成がうまく起こらず、X染色体を持つ精子が多く生産され、結果的に子どもの性比がメスに偏る現象だ。今回紹介されているskewと名付けられたXドライブはオナジショウジョウバエ(Drosophila simulans)においてこのような現象を起こすが、さらにオスをも殺していることが分かった。このskewは、すでに知られているXドライブ(Paris)に対するサプレッサーによってサプレスされたことと、掛け合わせによってParisとskewとの間での組み替えが起こせなかったことからskewとParisは非常に近い場所にあるか、または同一遺伝子座の対立遺伝子であると考えられている。Xドライブによるオス殺しは性的拮抗因子の理論で予想されていた。著者はこの分野の第一人者。分子実験を一切使わずに論文が仕上がっている。