読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KY BLOG

昆虫と微生物の研究とアート

メス化と単為生殖

Ma WJ, Pannebakker BA, van de Zande L, Schwander T, Wertheim B, Beukeboom LW (2015) Diploid males support a two-step mechanism of endosymbiont-induced thelytoky in a parasitoid wasp. BMC Evol. Biol. 15(1):84. [Epub ahead of print]

 

やはりそうだったか。ボルバキアによる単為生殖においても、倍数化とメス化が別のステップで起きているようだ。カルディニウムにおける以下の論文も重要。

 

Giorgini M, Monti MM, Caprio E, Stouthamer R, Hunter MS (2009) Feminization and the collapse of haplodiploidy in an asexual parasitoid wasp harboring the bacterial symbiont Cardinium. Heredity 102: 365-371.

 

いろんな断片的な情報がつながってきた気がする。