読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KY BLOG

昆虫と微生物の研究とアート

バッタの本

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)

著者とは知り合いということもあり、読んでみたら予想以上に面白かった。彼の内面や人柄がよく表わされて、思わず引き込まれる。研究の面白さや研究に対する真剣な姿勢など、見習いたいと思う点が多い。とても内容が豊富で、このシリーズの他の本よりもだいぶ厚いが値段は同じ。分子生物学ではなく昆虫の研究に興味がある人にはお勧めです。研究ってこういうものなんだということが、うまく書けていて素晴らしいと思った。

著者は今、何年にもわたり西アフリカに滞在してサバクトビバッタの研究をしている。

ブログはここ

http://d.hatena.ne.jp/otokomaeno/