読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KY BLOG

昆虫と微生物の研究とアート

論文

痛い研究

今週のゼミは今年のイグノーベル賞が題材だった。特に衝撃的だったのは、コーネル大学の研究者が自分を実験台にして体のいろいろな箇所を蜂に刺させて、その痛みの度合いを調べたというもの。体の25か所について(頭、脇、乳首、鼻、唇などだけでなく、陰茎…

感染に応じて遺伝的多様性を増大させる

今週のゼミで私が取り上げた論文。 Fruit flies diversify their offspring in response to parasite infection.Nadia D. Singh, Dallas R. Criscoe, Shelly Skolfield, Kathryn P. Kohl, Erin S. Keebaugh, Todd A. SchlenkeScience 14 August 2015: Vol. 3…

アリの体毛

先週のセミナーで取り上げられていた論文。 Keeping cool: Enhanced optical reflection and radiative heat dissipation in Saharan silver ants.Norman Nan Shi, Cheng-Chia Tsai, Fernando Camino, Gary D. Bernard, Nanfang Yu, Rüdiger WehnerScience V…

Bracovirus

昨日のゼミで取り上げられていた論文 Gasmi et al. (2015) Recurrent domestication by Lepidoptera of genes from their parasites mediated by Bracoviruses. PLoS Genetics 11(9):e1005470. Bracovirusという名のウイルスはチョウやガの仲間に寄生する寄…

ボルバキアの論文

(ボルバキアを研究している人にとっては)衝撃的な論文が出ていた。 Pontier SM, Schweisguth F (2015) A Wolbachia-Sensitive Communication between Male and Female Pupae Controls Gamete Compatibility in Drosophila. Curr Biol. 2015 Sep 2. pii: S0…

蛾の幼虫の眼状紋と体の大きさ

先日のゼミでとりあげられていた論文。 Body size affects the evolution of eyespots in caterpillars. Hossie et al. (2015) PNAS 112: 6664-6669. 蛾の幼虫には目玉模様がついたものが多い。この眼状紋とよばれる模様によって、鳥などに食べられにくくな…

ショウジョウバエの性決定 X:A説について

MURさんに教えていただいた論文 Erickson JW, Quintero JJ (2007) Indirect Effects of Ploidy Suggest X Chromosome Dose, Not the X:A Ratio, Signals Sex in Drosophila. PLoS Biol 5(12): e332. doi:10.1371/journal.pbio.0050332 この論文が出ているの…

メス化と単為生殖

Ma WJ, Pannebakker BA, van de Zande L, Schwander T, Wertheim B, Beukeboom LW (2015) Diploid males support a two-step mechanism of endosymbiont-induced thelytoky in a parasitoid wasp. BMC Evol. Biol. 15(1):84. [Epub ahead of print] やはりそ…

巨大な精巣を持つコオロギ

2011年のBiology Lettersにこんな論文が出ていた。Platycleis affinisという種では、精巣はなんとオスの体重の14%をも占めるらしい。 Larger testes are associated with a higher level of polyandry, but a smaller ejaculate volume, across bushcricket …

オス殺しを起こすマイオティックドライブ(Xドライブ)

ショウジョウバエなどでよく知られているXドライブは、変異があるX染色体をオスが持っていた場合、Y染色体を持つ精子の形成がうまく起こらず、X染色体を持つ精子が多く生産され、結果的に子どもの性比がメスに偏る現象だ。今回紹介されているskewと名付けら…

チョウの擬態と性決定遺伝子

アゲハチョウの仲間で毒を持った別属の蝶に擬態している種がいる。その原因遺伝子がなんと性決定遺伝子の一つであるdoublesexであることがわかったという。これはちゃんと読まねば。 原著:K. Kunte et al., “doublesex is a mimicry supergene,” Nature, do…

ABCトランスポーター

先週のゼミは、節足動物のABCトランスポーターについての総説だった。ABCトランスポーターとは脂質2重膜を物質が行き来するときに輸送体のことでATPを使って能動的に運ぶ。ABCとはATP-binding cassetteの頭文字。様々な役割を担っているが、農薬に対する抵抗…

査読1本目終了

今日締切の査読がやっと終了。すばらしい内容で実験もしっかりしているし、論理構成も完璧でまったく文句なし。雑誌のランクがそれなりに高いとしっかりした内容の原稿が集まりやすいんだろうなあ(当然か・・・)。ちなみに今回は中国からの投稿でした。あ…

ボルバキアの感染移植リスト

ボルバキア感染移植に関する総説が出ていた。 Hughes GL, Rasgon JL (2013) Transinfection: a method to investigate Wolbachia-host interactions and control arthropod-borne disease. Insect Molecular Biology (link) 宿主昆虫の生殖を操作するボルバ…

鳥類の性染色体は2種類の進化をとげた

今日のゼミで紹介した論文 Vicoso B, Kaiser VB, Bachtrog D (2013) Sex-biased gene expression at homomorphic sex chromosomes in emus and its implication for sex chromosome evolution. PNAS 110: 6453-6458. 性染色体は元々普通の常染色体だったはず…

遺伝子量補償の総説

これも重要。遺伝子量補償の多様性とそれがどうのようにして進化してきたかに関する総説。 Judith E. Mank (2013) Sex chromosome dosage compensation: definitely not for everyone. Trends in Genetics 29: 677-683.

エミューの性染色体と遺伝子発現

いま読んでいる論文。来週のゼミ当番に当たっているので、今のところこれを題材にしようかなと思っている。 Vicoso B, Kaiser VB, Bachtrog D (2013) Sex-biased gene expression at homomorphic sex chromosomes in emus and its implication for sex chrom…

今日のゼミ

リケッチアに関する論文。リケッチアの膜タンパクの1種であるSca2が、真核生物においてアクチンのpolymerizationに関わるタンパクであるforminに似た働きをしているという内容。これがあると自分で移動できるらしい。 Madasu et al. (2013) Rickettsia Sca2…

結核菌が幹細胞に入り込む

Das et al., “CD271+ bone marrow mesenchymal stem cells may provide a niche for dormant Mycobacterium tuberculosis,” Science Translational Medicine, 5:170ra13, 2013. 骨組織の奥深くに存在する幹細胞に結核菌が入り込むという発見。結核が完治した…

バクテリアが癌を起こす?

昆虫の共生細菌ボルバキアのゲノム断片が様々な昆虫のゲノム中から見つかっている。無脊椎動物に比べて、哺乳類などの脊椎動物では、生殖細胞が物理的、免疫学的にバクテリアからしっかり守られているため、バクテリアのゲノム断片が入り込んで遺伝するよう…

piRNA

今日のゼミは、非コードRNAの1種であるpiRNAについての総説。すごく複雑でよくわからなかった(涙)。 Ishizu et al. (2012) Biology of PIWI-interacting RNAs: new insights into biogenesis and function inside and outside of germlines. Genes & Devel…

腸内細菌が種分化を起こす?

これも読まないと。腸内細菌が種分化に関わっていることの驚くべき発見。 Bucker & Bordenstein (2013) The hologenomic basis of speciation: gut bacteria cause hybrid lethality in the genus Nasonia. Science 341: 667-669.

ボルバキアによる単為生殖に性転換が関与?

自分にとって重要な論文を見落としていた。 Tulgetske GM, Stouthamer R (2012) Characterization of intersex production in Trichogramma kaykai infected with parthenogenesis-inducing Wolbachia. Naturwissenschaften. 2012 Feb;99(2):143-52. doi: 10…

微生物の母系伝播は普遍的?

昆虫などを含む無脊椎動物には、様々な微生物が共生しており、母から子に母系伝播していることがよく知られている。 ヒトを含む哺乳類は腸内細菌など、様々な微生物と共生しているが、子どもは生まれた時点では無菌状態であり、その後環境から様々な微生物を…

RNAiに関する総説

昨日のセミナー Karlikow M, Goic B, Saleh MC (2013) RNAi and antiviral defense in Drosophila: Setting up a systemic immune response. Developmental and Comparative Immunology (in press) doi: 10.1016/j.dci.2013.05.004 発現を抑制したい遺伝子を…

ウイルスに対する防衛としてのRNAi

明日のセミナーで使われる文献。予習しておかないと・・・。 Karlikow M, Goic B, Saleh MC (2013) RNAi and antiviral defense in Drosophila: Setting up a systemic immune response. Developmental and Comparative Immunology (in press) 10.1016/j.dci…

成長や成熟に柔軟性を与える遺伝子

今週のセミナー(文献紹介)で題材にした論文。ショウジョウバエの論文を隅々まで読んだのはちょっと久しぶりで準備が結構大変だったけど、とても勉強になった。 Imaginal discs secrete insulin-like peptide 8 to mediate plasticity of growth and matura…

Journal Club

近くでやっているJournal Clubのようなものに参加。 今回の論文は、 Chavez et al. (2012) Closs-linking measurements of the potato leafroll virus reveal protein interaction topologies required for the virion stability, aphid transmission, and v…

投稿論文の現状

年明けに投稿した論文3つの現状。 1つ目は、リジェクト。うーん。投稿した雑誌のレベルが高すぎたようだ。ぎりぎりのラインだと思ったのだが、インパクトが薄かったんだろうな・・・。仕方がない。レフェリーのコメントに参考にして原稿を修正し、先日、も…

査読終了

比較的よくできた原稿だったので、ラクではあったのだけど、査読結果を文章で書こうとするとそれなりに時間がかかる。終わってちょっとすっきり。 論文執筆に戻らないと・・・。

3本目投稿

3本目の論文を投稿した。これで完成済みの原稿はとりあえず処理できた。でも近日中に書き上げないといけない原稿がまだ何本か溜まっている。

2本目投稿

昨日はモツ煮料理のお店に行った。日本酒を飲んだせいなのか、モツ煮のせいなのか、今日はお腹の調子が最悪・・・。 2本目の論文を投稿した。

投稿した

まず1本目。ちょっと面倒な電子投稿システムに翻弄されながらも、ようやく投稿できました。無事掲載されるといいな。

原稿完成

今日、さらにもう一本投稿論文の原稿完成。まず、共著者の一人に送付した。

終わった~

もう一本の論文も書き終わって、共著者に送付! すっきりした~(笑)

論文原稿を書き終えた

昨日は、長く放置してしまっていた論文原稿を書き終え、共著者に送った。 今日は、もう1本の論文の仕上げにかかっている。できれば今日中に共著者に送りたい。

イリドウイルス

イリドウイルスとは、2本鎖のDNAウイルスで、無脊椎動物に感染し増殖すると宿主の体色が青くなることが知られている。ちょうど最近イリドウイルスに感染されたダンゴムシを見せてもらったばかりなので、ちょっと気になっていた。 たまたま論文検索をしていた…

宿主に直接害をもたらすボルバキアがダンゴムシでみつかった

Braquart-Varnier et al. (2008) Wolbachia mediate variation of host immunocompetence. PLoS ONE 3: e3286. オカダンゴムシには、ボルバキア系統wVulMに感染されているものと、それとは別の系統wVulCに感染されているものがいる。 なんと、wVulCに感染さ…

ボルバキアは宿主に対して病原細菌への抵抗性を賦与しない

この何年かの間、昆虫の細胞内共生細菌ボルバキアは、ウイルスやマラリア原虫などに対する抵抗性を宿主に賦与するという論文が立て続けに出ていた。今回出た論文では、ボルバキアに感染されたキイロショウジョウバエと非感染のキイロショウジョウバエを用い…

タスマニアデビルのガン

タスマニアデビルで良く知られているガン(デビル癌などともいうらしい)も、先日紹介したイヌの感染性ガン細胞と同じように感染性をもっており、単一の起源をもっているということがわかったらしい。ただし、イヌのものとは違ってかなり最近に出現したらし…

寄生性のガン

イヌ可移植性性器肉腫(Canine Transmissible Venereal Sarcoma; CTVS)変な名前がついているが、要するに伝染性のガンだ。読みやすいようにスペースを入れると、「イヌ 可 移植性 性器 肉腫」となる。イヌ科において発生し、主として交尾によって伝染するら…

腸内細菌が種分化を引き起こす?

ショウジョウバエの研究ですが、オスとメスが交尾するかどうかを決める際に、腸内に生息している細菌の組成の違いが影響することがわかったそうです。餌の違いによって腸内の細菌類の組成が大きく変わるらしく、どうやら腸内にLactobacillus plantarumという…

薬剤耐性菌の真実

ある種の細菌(大腸菌)を培養したとき、そのなかの一部のみが行う「人助け的な」行動のおかげで、抗生物質の存在下でも細菌の集団全体が生き残っていることがわかったそうです。細菌が、抗生物質に対する耐性を発達させることは医療現場でよく問題になって…

オスの疲労とメスの乱交がどんどん増す悪循環:引き金を引いたのはオスを殺す細菌(Charlat et al., 2007 Curr. Biol.)

Charlat S, Reuter M, Dyson EA, Hornett EA, Duplouy A, Davies N, Roderick R, Wedell N & Hurst GDD (2007) Male-killing bacteria trigger a cycle of increasing male fatigue and female promiscuity. Curr. Biol. 17: 273-277. 多くの生物では、オス…

集団性比の急激な変化(Charlat et al., 2007 Science)

Charlat S, Hornett EA, Fullard JH, Davies N, Roderick GK, Wedell N & Hurst GDD (2007) Extraordinary flux in sex ratio. Science 317: 214. Wolbachiaが引き起こすオス殺しに対する宿主側の抵抗性遺伝子が、自然界で10世代もかからずに広まったという…

自然界で維持されている極端な性比の偏り(Dyson and Hurst, 2004 PNAS)

Dyson EA and Hurst GDD (2004) Persistence of an extreme sex-ratio bias in a natural population. PNAS 101: 6520-6523. 生物種の生態や進化について考える際に、性比は重要な要素となりうる。現在までに、性比をゆがめる利己的遺伝因子の存在やその種類…

睡眠時間は重要らしい

睡眠は我々にとって非常に身近な存在である。ところが、睡眠の存在意義については、いまだ統一的な見解はないらしい。今回、睡眠の長さや効率が風邪の引きやすさに影響を与えるという研究論文が出ていたのを、たまたま目にしたので紹介する。Cohen S, Doyle …

二足歩行するタコ

Scienceに二足歩行するタコが載っていた。ビデオが見れます。見るまでは、歩行だなんて大げさに言って・・・と思っていたが実際見てみると、うわ、これはまさに歩いてるとしか表現のしようがないなって感じ。まるで中に人が入っているようです。Huffard et a…

共感覚ってすごい!

異なった音の高さの隔たり(音程)ごとに違った味を感じるという「共感覚(synaesthesia)」についての記事が最新号のNatureにのっていた。27歳の女性ミュージシャン(音楽家?)がその共感覚の持ち主で、短2度(minor second)は酸っぱい味、長2度(major sec…