KY BLOG

昆虫と微生物の研究とアート

永続敗戦論

最近読んだ本。何度も、なるほどと感心しました。みんなに読んでほしい本です。 永続敗戦論――戦後日本の核心 (atプラス叢書04) 作者: 白井聡 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2013/03/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (42件) を見る

暇と退屈の倫理学

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator) 作者: 國分功一郎 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2015/03/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (14件) を見る

多数決を疑う

多数決を疑う――社会的選択理論とは何か (岩波新書) 作者: 坂井豊貴 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/04/22 メディア: 新書 この商品を含むブログ (9件) を見る

消えるオス

表紙の写真が出ていました。 消えるオス:昆虫の性をあやつる微生物の戦略 (DOJIN選書) 作者: 陰山大輔 出版社/メーカー: 化学同人 発売日: 2015/07/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る

消えるオスの表紙が出来上がりました

6月25日発売予定の「消えるオス」。表紙のイラストが決まりました。 消えるオス - 株式会社 化学同人www.kagakudojin.co.jp

消えるオス

恥ずかしながら本を出版することになり、今月末には大手の本屋さんには並ぶ予定です。化学同人という出版社から出ているDOJIN選書というシリーズです。 まだカバーイラストが決まっていませんが、私が描いたイラストの中から決定される予定です。(本など出…

功利主義入門

功利主義ってなんだろう。この本はとてもわかりやすく解説されていてすばらしい。初心者にはぴったり。 人間社会を考えるとき、できるだけ多くの人が最大限に幸せであることを良しとするという考え方を功利主義というが、意外と話はそう単純ではない。ごく少…

正義とは?

今更ながら・・・。 最大多数の最大幸福(功利主義)の問題点など、実例を挙げてわかりやすく説明してある。 これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者: マイケルサンデル,鬼澤忍 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2011/11/2…

贈る言葉

他人と戦わない 独創的研究を追い求めるな つまらない研究なんてない 誰かがやるに決まっている研究なんてやってもつまらない 三か月研究したら世界の最先端にいなければならない 実験が失敗したら大喜びしなさい など・・・。個人的にはとてもしっくりくる…

Sex Wars

2009年に54歳で亡くなられたケンブリッジ大学教授、Michael Majerus(ウィキペディア参照)による一般向けの本、Sex Wars。中古で買いました。知っている内容が多いのでざっと斜め読み。 Sex Wars: Genes, Bacteria, and Biased Sex Ratios 作者: Michael E.…

学会

山形の学会に行ってきました。学会への移動中に読んだ本。 イモムシのふしぎ ちいさなカラダに隠された進化の工夫と驚愕の生命科学 (サイエンス・アイ新書) 作者: 森昭彦 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2014/08/12 メディア: 新書 この商品を含…

発生生物学の教科書

買ってしまった。 Developmental Biology 作者: Scott F. Gilbert 出版社/メーカー: Sinauer Associates Inc.,U.S. 発売日: 2013/07/10 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを見る

A Planet of Viruses

ウイルス・プラネットの原著。デザインがとてもよい(表紙以外)。109ページと薄い。 A Planet of Viruses 作者: Carl Zimmer 出版社/メーカー: Univ of Chicago Pr (T) 発売日: 2012/04/30 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る

理科好きな子に育つ ふしぎのお話365

365話のうちの1話を担当させていただきました。「ビックリ!体を乗っ取ってあやつる生き物のお話」です。 理科好きな子に育つ ふしぎのお話365: 見てみよう、やってみよう、さわってみよう 体験型読み聞かせブック 作者: 自然史学会連合 出版社/メーカー…

ウイルス・プラネット

様々なウイルスについて、軽く読める面白い本。著者は、これもCarl Zimmer、売れっ子のサイエンスライターだ。大御所といってもいいかもしれない。軽そうに見えるけど、内容はしっかりしています。 ウイルス・プラネット (飛鳥新社ポピュラーサイエンス) 作…

How to Write a Lot

コロン、セミコロン、Emダッシュ、Enダッシュをうまく使うとすっきりとした強い文章になる。カバーレターはシンプルなほうがいい。毎日書く時間を決める。具体的な目標を掲げるなど・・・。いい本だった。論文書かねば・・・! How to Write a Lot: A Practi…

本いろいろ

考える寄生体―戦略・進化・選択 作者: マーリーンズック,Marlene Zuk,藤原多伽夫 出版社/メーカー: 東洋書林 発売日: 2009/08 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (2件) を見る クジャクのオスの尾などがどうして派手になった…

熱狂なきファシズム

書店で衝動買いをした本。とてもいい本だった。薄々感じてはいたけれど、日本は静かに確実にファシズムに向かっているということを改めてはっきりと見せつけられて恐ろしくなりました。著者はドキュメンタリー映画を作っている方だそうです。著名なドキュメ…

昆虫はすごいはすごい

たまたま本屋さんで目にしたので買ってみたのだが、内容豊富でとても 面白い。知らないことがたくさん載っていて勉強になる。写真もオリジナルのものばかりできれい。すごく売れているのもよくわかる。 昆虫はすごい (光文社新書) 作者: 丸山宗利 出版社/メ…

虫たちと北から南から

著者の平井さんから以下のような本を送って頂きました。ありがたく読ませていただきます。農業害虫の研究を中心にとても幅広い内容のようです。 平井剛夫・著「虫たちと北から南から」

最近読んだ本2冊

嘘と絶望の生命科学 (文春新書 986) 作者: 榎木英介 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/07/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (12件) を見る 「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい―――正義という共同幻想がもた…

Influential Passenegers

ボルバキア研究の歴史的なことについては、やはりこの本が役に立つ。大学院生のころによく読んでいたので手垢で汚い・・・。 Influential Passengers: Inherited Microorganisms and Arthropod Reproduction 作者: Scott L. O'Neill,Ary A. Hoffmann,John H.…

Host Manipulation by Parasites

注文していた本が今日届いた。2012年に出版された本で、タイトルは日本語にすると「パラサイトによる宿主操作」。面白そうだ。知らない話題もたくさん載っているようなので、少しずつ読んでいこうと思う。表紙の絵もいい。 224ページと、思ったより薄い。 Ho…

世界の有名建築

2002年ごろにドイツに住んでいたときに、本屋さんでなんとなく気に入って買った本。576ページもある。そのころ計画段階のものなども載っており、今見ると実現したものや実現しなかったものなどがあるみたい。建築に詳しい人が近くにいるので、見ながら教えて…

生物分類学の歴史

生物分類学が生物学の王道であった時代から今に至るまでの歴史がわかりやすく紹介されていてとても良かった。サイエンスとは相容れない「環世界」という動物的感覚は、決して論文や書籍には出てこないが、生物学の大きな魅力の1つだと思う。 自然を名づける…

科学を語るとはどういうことか

まったく別のバックグランドを持つ人が対話をするってこういうことなんだなって思う。普通は喧嘩になるか、途中で話をしたくなくなるだろう。まともに議論しようとしたことを後悔さえするかもしれない。似たような経験があるのでよくわかる。普通はめんどく…

最大のウイルス-記録更新

2.5メガほどもあるウイルスが見つかったらしい。バクテリアはもちろん真核生物でもゲノムがこれより小さなものがあるらしい。ちょうど「新しいウイルス入門」でミニウイルスミミウイルスのことを読んでいただけにタイムリーな発見に驚いた。 http://www.scie…

新しいウイルス入門

新しいウイルス入門 (ブルーバックス 1801)作者: 武村政春出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/01/18メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る 面白かった。新しい話もいろいろ入っていて、原著論文を読んでみたくなった。

手紙

手紙 (文春文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/10メディア: 文庫購入: 19人 クリック: 174回この商品を含むブログ (531件) を見る

知の逆転

ジャレッド・ダイアモンド、ノーム・チョムスキー、オリバー・サックス、マービン・ミンスキー、トム・レイトン、ジェームズ・ワトソンとのインタビュー集。 去年の年末に出た本。人に勧められて読み始めたけど、意外と面白い。 特に言語学者チョムスキーと…